スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23-再び給料生活始まる。

 高齢再就職から半月経過しました。”夜勤ぐらい” 若い頃の夜間勤務は何度も経験しており、とくに気にも留めず勤務に入りました。
 作業の内容は、なんと!堂々と女性の「ストッキング」に触れるというもの…<うらやましい>という声が聞こえてきそうですが…『5本指のストッキング』聞いたことありませんか?私の住む人口約2万人の田舎町にその工場はあります。
作業場1

 30数年前からストッキング製造を続けていましたが、景気に左右されることが多く、オーナーが代わりながらここまできたようです。それが、5本指で一躍脚光を浴び息を吹き返してきました。
 私の仕事は、ストッキング製造過程の第1段階、糸編みからストッキングの本体が編み上げられてでてくるところで、製品に穴が開いていないか、破れはないか、規格どおりか、等々目を皿にして各編み機を回ります。編み機の数は270台、すべての台の製品チェックに要する時間は約2時間。これを繰り返していくわけですが、8時間30分の拘束時間に45分の休憩を挟み、黙々と作業をこなしていきます。しかし、時間がなかなか過ぎてくれません。
 ”夜勤ぐらい”の軽い考えがどっかへ吹っ飛んでしまいました。夜と昼の逆転、「とにかく睡眠を」と思い、朝までの勤務が終了後ひと風呂浴び、さー寝よ寝よ。気持ちいい熟睡時間に入っていると、突然「○○はいるんか。ちょっと用がある。」の母の声。「やめてくれー」この仕事に就くときにも、また仕事からから帰った時も、「昼は寝る時間だからね」と繰り返し説明しているにもかかわらず、おかまいなしの睡眠破り攻撃、『果たしてこのままで体が持つか?』やや不安な毎日のこのごろです。
 でもこれだけ各メディアで注目を浴び、生産が追いつかない状態なんだから、『給料上げろー!』少しは労働意欲も高まるけどなー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ARAチャン

Author:ARAチャン
 海上自衛隊を定年後、家族と離れて高齢の母親との6年間の同居生活。これも事情により次のステップを選択しての再出発となりました。困難に立ち向かってこその生きていることの証し、まだまだ若いモンには…

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
あし@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。